1. TOP
  2. 血圧の測り方
  3. 血圧を下げるためには正しい血圧の測り方が重要!その方法とは

血圧を下げるためには正しい血圧の測り方が重要!その方法とは

 2016/04/06 血圧の測り方
この記事は約 4 分で読めます。 2,559 Views

自身の血圧を測る時には、血圧計で測りますよね。每日病院に通うようなことがあれば、家で血圧を測らなくてもいいですが、そういう人は少ないでしょう。

血圧が高いと健康診断などで、判明した場合は自宅にも血圧計を置いておいて、定期的に測ることをおすすめします。

高血圧はサイレントキラーと言われて、自覚症状がないまま、血管にダメージを受けて、いきなり脳梗塞や心筋梗塞など血管系の病気を引き起こします。

そこで、血圧を測る方法、おすすめの血圧計など知っておいたほうがいいことをまとめていきます。

f31201ff1b7ee9e241a78e80a501d600_s

血圧とは

血液は、心臓から動脈に向かって送り出されます。その時に、動脈の血管にかかる圧力のことを血圧といいます。

一般的に上の血圧と言われるものは収縮期血圧と呼ばれ、心臓が全身に血液を送り出す時の血管の圧力で、下の血圧は拡張期血圧と呼ばれ、心臓が膨らみ血液の流れがゆるまる時の血管にかかる圧力のことです。

高血圧の基準とは

現在の基準では「上が140下が90」そのどちらかを上回ると高血圧と言われます。ちなみに正常血圧は「上が130・下が85」以下になります。

血圧の正しい測り方

血圧は常に変化しているものなので、血圧を測るたびの同じ数字が出るということはほとんどありません。そして、血圧の測り方によっても計測される数字が変わってしまいます。なので、正しい血圧の測り方を知っておくことが大切です!

スポンサードリンク

血圧を測る時間は決めておく

血圧は1日の中で常に変動しています。食事をする、タバコを吸う、排泄をするなどなど、ちょっとしたことで、血圧はどんどん変わっていきます。

血圧は朝起きる前から徐々に上昇し、お昼にピークを迎えます。その後は徐々に下がっていき、寝ている時がもっとも血圧が低い状態になります。

食事をすれば血圧はあがり、お風呂に入れば血圧は下がります。たったこれだけのことでも血圧が変わるので、行動の血圧変化に左右されず、同じ条件で血圧を測定できるかとうことが大切になります。

なので、自分の今の血圧が高いのか低いのかを知るためには、同じ時間で測るようにしておきます。

朝起きた直後、食事や排泄をする前と、夜寝る前の1日2回、なるべく同じ時間に血圧を測るのがおすすめです。

日中血圧が低い人でも、朝にだけ血圧が高い早朝高血圧というものがあります。日中に血圧を測って、安心できる血圧だったとしても、早朝高ければ、心筋梗塞や脳卒中などのリスクはかなり高まります。なので、朝には必ず測るようにしましょう

time

血圧を測る姿勢と測り方

血圧を測る姿勢でも血圧が変わってくるので、できるだけ正しい姿勢で測ることが重要です。手首で測るものや上腕で測るものがありますが、医療機関でも上腕で測ることが多いので上腕で測るものを基準に紹介していきます。

血圧を測る姿勢

背もたれのある椅子に両足をつけて座ります。背もたれに軽く持たれてリラックスできる姿勢を取ります。1分ほどリラックスした姿勢をとってから測るようにします。

腕帯(腕にまくもの)が心臓の高さになるようにします。そのために、前腕をテーブルの上にのせておくとよいです。そして、直接テーブルに腕があたるとテーブルの硬さや温度で、力が入ってしまうので、腕の下にタオルを敷いておくことをおすすめします。手のひらが上に向くようにしましょう。

015847

血圧計のセッティング

腕帯を腕に巻きます。このとき素肌の状態が一番よいですが、薄手のシャツやパジャマならその上から腕帯を巻いてもOKです。

腕帯にはエア管がつながっています。このエア管が腕の中心になるようにします。そして、隙間がないように腕帯を巻いていきます。

CIMG6649

血圧計の測定ボタンを押して血圧を測ります。測定中は体を動かさないようにしましょう。

血圧の測定は1度だけではなく、なるべく2度測るようにしましょう。

血圧は左右どちらの腕で測る

血圧は右腕と左腕、どちらで測るかでその血圧の結果が全く違ってしまいます。右腕の方が血圧が高く出るから右腕がいいという記載がされているものもあれば、血圧計メーカーのオムロンのホームページを見ると、左腕で測りましょうと書いています。

こんな色々な記載があればどちらで測ればいいのかわからなくなりますよね。

53af435468fba8b27909bb54a0ea96d9_s

どちらの腕で測るのがいいのかは、一番最初に血圧を測るときに左右両方の腕で血圧を測ります。そして、血圧が高く出た方を測るようにしましょう。血圧は高いの値が困るので、血圧が高く出る方の腕で測るようにしてくださいね。

どちらもそれほど値が変わらないのであれば、血圧計のメーカーがすすめる方法で測るのがベターな選択です。

ただ、どちらの腕の血圧が高いのかは、何度か血圧を測って調べてみてくださいね。一度では正しく血圧が出ない場合があるので必要です。

最後に

血圧を下げるためにはまず、正しい血圧の測り方を知って普段の血圧を知ることが大切です。

今まで血圧を測ったことがない人は参考にしてもらって、これまでも血圧計を使っている人は、いままでの方法が間違っていないか確認してくださいね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

血圧を下げるための方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血圧を下げるための方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

タシロ ケンイチ

当ブログを管理している、タシロです。ワタシは作業療法士というリハビリテーションの仕事をしており、病院で働いています。最近、自分の血圧の高いということに気づき、血圧を下げるためのいい情報を集めて、まとめて、できることは自分でも実践して、少しでも健康な生活をおくるための情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 毎日簡単に摂れるニンニクオイルで血圧を下げる!作り方とその効果は?

  • 血圧の基準値は何が正しいの?

  • 呼吸で血圧を下げる事ができるストレッチ法。4つの運動で体をリラックスさせよう!

  • 血圧は薬、降圧剤を飲んで下げる必要性は本当にあるのか?

関連記事

  • 血圧を下げるために美味しく減塩するためのコツとは

  • 血圧を下げるためにダークチョコレートは改善が期待できる

  • 血圧を下げるために名医が教える5つの方法

  • 血圧の基準値は何が正しいの?

  • 血管を若く健康に保つためにいい食材は何?

  • 血圧を下げるために自律神経を整えるその方法とは