1. TOP
  2. 血圧を下げる方法
  3. 血管若返りに役立つオリーブオイル小豆島の生活習慣がすごい

血管若返りに役立つオリーブオイル小豆島の生活習慣がすごい

 2017/02/18 血圧を下げる方法
この記事は約 4 分で読めます。 2,540 Views

2月18日放送のサタデープラスが血管が若返りに役立ち、血圧が下がる事が期待できる内容の放送がされていました。

血管が若返り、血圧を下げることに大事なのが生活習慣です。塩分を控えたり、食事の量を調整したり、運動をしたりすることが大事ですがなかなか続きません。

生活習慣を変えることが難しいから余計に血圧を下げることが難しい…。

じゃあ、どんな生活習慣が続けて血圧を下げることができるのか?すごく参考になるのが瀬戸内海に浮かぶ島、小豆島の生活なんです。

国立病院機構大阪医療センター循環器内科の上田恭敬先生

小豆島がすごいのは、平成27年の小豆島町役場の調査で高血圧だった71人中49人がわずか1年で改善傾向にあることなんです。1年で高血圧の人の70%も改善傾向にあるんです。

なので、小豆島の血管若返りの生活習慣を調べれば、血圧を下げるヒントがわかります!

小豆島の血管若返りはオリーブオイルにあり!

小豆島の特産といえば、オリーブです。収穫量は全国の約90%を占めるだけあって、島を歩くと、島のあちらこちにオリーブの木を見ることができます。

小豆島町が「一家に一本オリーブを」っていう運動をしているそうで、子供が生まれたら、オリーブの苗木をもらうことがっできるんです。他にもおめでたいことがあったときには、オリーブの苗木が家庭に送られるそうです。

オリーブの木が育つとオリーブの実がなります。このオリーブの実を専用の機械で絞るとオリーブオイルができるんですが、小豆島では、なんと公園に一般の人が利用できる搾油機があるんです。

なので、一般の家庭でもオリーブを育ててオリーブオイルを作ることができるんです。徹底してますね。小豆島の人たちにオリーブが根付いている事がわかります。

オリーブは血管の若返りに優れた食材

オリーブの健康の研究をする、オリーヴァー内科クリニック院長の横山淳一先生

オリーブの木は長生きする植物です。なので、健康で過ごすにはオリーブの木の恵みを取り入れることが大事です。オリーブの木は樹齢1000年に及ぶものもあります。

オリーブが血管にいい理由は、オレイン酸が含まれるからです。オレイン酸は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)をあげないで、善玉コレステロール(HDLコレステロール)をあげる効果があるんです。

また、活性酸素の働きを抑えるポリフェノールなどの抗酸化物質も豊富に含まれているので、血管若返りに期待ができるんです。

オリーブオイルにはオレイン酸が他の油と比べても豊富に含まれています。

オリーブの小豆島ではオリーブオイルをどうやって使う?

じゃあ、オリーブオイルをどうやって使うのかが大事ですね。小豆島では、オリーブの実も塩漬けにしたものを、炊き込みご飯に混ぜたりして使われています。

そして、オリーブオイルをどうやって使っているのかというと、オリーブオイルを醤油の代わりに食卓においてなんにでもかけて食べている感じです。

みそ汁・おでん・ヨーグルト・アイスクリーム、なんにでもオリーブオイルをかけて食べるのが小豆島流です。

でも、オリーブオイルをそれだけ摂り過ぎて大丈夫なのかってことが疑問です。オリーブオイルは大さじ1杯で111kcalになるので、摂り過ぎには注意が必要です!

オリーブオイルに納豆が血管若返りにはベター

オリーブオイルに納豆の組み合わせは、血管にはかなり良いです。オリーブオイルのオレイン酸にプラスして、納豆には血液をサラサラにする成分があると期待されているんです。

なので、血管には優しい組み合わせになるので、おすすめです!ただし薬の飲み合わせとかで納豆はダメだっていう方もいてると思うので注意してください。

オリーブオイルはどれぐらいで使い切るのがいい?消費期限はどれぐらい?

オリーブオイルは一度開けると徐々に酸化します。オリーブオイルの成分が壊れていきます。なので、2~3ヶ月で使い切るのがベターです。保管場所は光の当たらない気温が安定した場所にしてください。

光が当たるとオリーブオイルの酸化を早めてしまいます。

 

さらに、小豆島では、高齢者に小豆島活動量計を無料で貸し出していて、タブレットにそのデーターを簡単に保存でき、町役場と繋がって保健師がそのデータを元に健康をアドバイスしてくれるというようなサービスをしているんです。

このような健康管理システムを利用することで、楽しみにがら運動を続けることができるので、運動が習慣になりやすいんですね。

オリーブオイルを摂ることだけで、血圧が一気に下るということはないでしょうが、食事に摂り入れることは有意義ですね!納豆オリーブオイルはワタシも食べてます。

\ SNSでシェアしよう! /

血圧を下げるための方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血圧を下げるための方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
DHA・EPAでサラサラに!サプリで補う健康

DHA・EPAを摂取するのにおすすめのサプリが『きなり』


厚生労働省が推奨するDHA・EPAの1日に摂取量は1000mg。魚を食べる頻度が減ってきている今の食事では、それをすべて摂取するのは難しいです。


なので、足りない部分はサプリを使って補うことも必要になってきています。


きなりに含まれるDHA・EPAが4粒で500mgと1日に必要な量の半分が含まれているんです。


また、DHAやEPAは酸化せずに体内に取り入れることが大事。きなりに含まれるアスタキサンチンで、EPAやDHAをフレッシュなまま体内に取り入れることを目指します。


最近魚よりも肉の方が多いな…。魚をたくさん食べることがないな…って言う人に試してほしい『きなり』です。


特別モニターコースで申し込むと初回1980円で購入することができます。2回目以降も3790円で購入することができます。モニターコースは定期コースにはなりますが、いつでも休止解約することができます。


>>きなりでEPA・DHAのサラサラ成分を補う 


ライター紹介 ライター一覧

タシロ ケンイチ

当ブログを管理している、タシロです。ワタシは作業療法士というリハビリテーションの仕事をしており、病院で働いています。最近、自分の血圧の高いということに気づき、血圧を下げるためのいい情報を集めて、まとめて、できることは自分でも実践して、少しでも健康な生活をおくるための情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 毎日簡単に摂れるニンニクオイルで血圧を下げる!作り方とその効果は?

  • 血圧の基準値は何が正しいの?

  • 呼吸で血圧を下げる事ができるストレッチ法。4つの運動で体をリラックスさせよう!

  • 血圧は薬、降圧剤を飲んで下げる必要性は本当にあるのか?

関連記事

  • 血圧を下げるために自律神経を整えるその方法とは

  • キウイが血管年齢を若返らせる!効果的な食べ方とは

  • 氷酢たまねぎが血圧を下げる!血管を若返らせ血液サラサラに

  • 血圧を下げるために美味しく減塩するためのコツとは

  • 血圧を下げる食材がごめ昆布。血液をサラサラに

  • フルーツグラノーラで血圧を下げるを実践。意外と効果あったよ!